JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

中国茶豆知識


中国茶種類

中国茶はお茶の香りや味わいの変化を楽しむものに対し

日本茶はどちらかというと甘みや渋みといった味重視です。

個人的には日本茶が大好きです。

 

中国茶は製法の違いによる大まかに六つの種類に分かれます。

白茶から黒茶、緑茶、黄茶、青茶、紅茶などがあります。

日本茶にも煎茶、番茶、抹茶などがありますがこれらはすべて緑茶に属しますが、

これに対し中国茶のほうはバリエーションが豊富です。

その決めては「発酵」です、同じ茶葉でも発酵させるか、させないか、

どのように発酵させるかによって、お茶の香りや味に大きな違いがでます。


緑茶    中国で日常的に親しまれてるお茶です。

    不発酵茶で全国生産量の七割が緑茶が占めています。


黄茶    弱後発酵茶

    ゆっくりと発酵させる「黄」をしてつくり、生産量が好きなく貴重なお茶です


黒茶     後発酵茶

    茶葉の酸化を止めた後、高温多湿の場所で、微生物の働きで発酵させたお茶。

    代表的なものはプーアル茶。年代経たものが珍重されます。


白茶     微発酵茶

    ごく弱く発酵させます。


青茶    半発酵茶

    ウーロン茶の総称です。15%から70%までさまざまな発酵度のお茶があり、

    それぞれ香りや味わいに変化があり楽しめます。


紅茶    完全発酵茶です。


機会がありましたら、ぜひ、中国茶を試して見てはいかがですか。



姚より



このページのトップへ

このページのトップへ