JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

中医学の臓腑について


臓腑は人体の臓器組織の総称で、

中医学では人体の内蔵を臓と腑に分けています。

一般に五臓六腑といいます、

五臓とは心腎で、六腑とは胆大腸小腸膀胱三焦であります。


中医学において臓腑に対する認識は解剖学の実質器官の概念だけではなく、

生理と病理の概念でもあるります。

例えば、脾の生理機能は消化器の部分的機能を相当し、

同時に代謝および血液の部分的機能などを含まれています。

心とは心臓そのものと循環系統方面の生理機能を指し、

その上に思惟?精神面の活動などの中枢神経系統の一部分の機能も含まれます。


一般に、人体の精神感情の活動と気血精、津液などの生命維持に

最も重要な物質は五臓がつかさどっています。

飲食物の消化?養分の吸収と輸送、

食物残渣の排出などは六腑の分担によるものであります。



川島より


このページのトップへ

このページのトップへ