JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

湿気による頭痛のツボ:風池

2013年06月19日


例年よりも早く梅雨入りした今年の東京、

例え雨は降っていなくても、

ジメジメと蒸し暑く感じる季節になりました。

この時期は、なんだか理由がはっきりしないのに全身が重だるい、

頭が痛くて仕事をしていても集中できないなどの症状が現れがちです。

東洋医学では、

こうした症状は体内に蓄積した「湿気」がもたらすものだと考えます。

きょうは湿気が原因でおきる頭痛や

梅雨どきに起こりがちな集中力の欠如を

自分で簡単に治せるツボ治療法をご紹介したいと思います。


「風池」というツボをお聞きになったことがあるでしょうか。

両耳の後ろの骨(頭蓋骨の一部)に指を当てて、

軽く押えながらそのまま指を後ろにずらしてみてください。

骨が窪んでいて、首の両側の筋肉に接している場所があるでしょう。

その窪みのところが「風池」で、左右両方にあります。

頭が重く感じられる側の「風池」を、

親指を使って少し痛みを感じるくらいの強さで

息を吐きだすと同時にグーッと押し込んでください。

これを10回繰り返します。

そうすることによって血行を改善し、

体内の「湿気」が抜けやすくしてやるのです。


○押し方のポイント

 一度に力を加えすぎると、

 その部分が痛くなったり、指を痛めたりすることがあります。

 意識して少しずつ力を加えるようにしてください。

 押すときは指のお腹の部分を使います。

 指先を立てると爪で皮膚を傷つける恐れがあります。

 爪痕が残ったりしないよう注意してくださいね!


川島より


このページのトップへ

このページのトップへ