JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

皮蛋痩肉粥

2013年06月12日

caption.jpg

お粥、と聞くとついつい病気や胃もたれでつらい時に食べるイメージがあります。

中国では、お粥が普段から食生活に取り入れて、健康にも活かしてます。

お粥は禅の世界において「粥有十利」という言葉があるほど体にいいとされています。

具体的には以下の通り。

・血色を良くする

・力を得る(栄養吸収が良い)

・寿命を延ばす(延寿の効果)・苦痛がない

・言葉がはっきりする

・胸のつかえが治る(胸焼け、胃重)

・風邪が治る

・空腹が癒える

・のどの渇きが消える

・大小便の通じが良くなる(消化も良く、水分も足りる)

下記は香港のお粥の簡単なレシピーをご紹介します

米        1カップ

水        10カップ

鶏のささみ    2本 

塩        小さじ1

ピータン     1個

米を研いで水を切り、土鍋にお米と水を火にかけて、沸騰したら弱火で30分

鶏ささみは筋をとって、適当な大きさに切っていれて10分さらに加熱。

ピータンは大きめに切って器に入れておく。お粥をその上から注いて完成。

休日でやさしい味わいのお粥で楽しいひと時をいかがですか。


川島より

このページのトップへ

このページのトップへ