JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

耳鳴りと鍼灸治療

耳鼻科疾患で悩んでいる方が結構いると思います。

漢方医学からみると耳鼻科疾患には急性期には実熱型(感染など)で局部と全身症状が同時に現れます。

慢性期になると虚証になり、主に局部症状が見られます。

鍼灸治療は去風清熱、局部経絡を疎通し、全身機能を調整することで時に素晴らしい効果が得られます。

ツボを選ぶ時、近選と遠選を一緒にするのは効果を一層高めてくれます。

一般的には鼻部疾患にはまず選ぶツボは迎香、上星、合谷です。

次に選ぶツボは印堂、風池、肺?、列缺になります。

耳部疾患にはまず医風、聴会、中渚、侠渓を選ぶ場合が多いです、その次は聴宮、腎兪、外関、足臨泣、太谿をえらんでもいいです。

また実熱証の場合、電気ばりをすると効果的です。虚証の場合、お灸も加えます。


症例:

六十代の女性、一ヶ月半前、風邪を引いてその時に喉が痛かった。

病院の薬を飲んで、三週間で喉の痛みが治ったものの、

左耳の痛み、耳内の閉塞感、耳鳴り、食欲ないなどの症状が出てきて、

病院で検査して、耳の中に水が溜まっていることが告げられました。

薬のんでも治らないから、鍼灸治療を試しに来ました。

健身院でハリとお灸をセットに、一日一回、連続四回治療して、

耳の痛み、耳鳴り、閉塞感が消えました、食欲も回復しました。選んだツボは耳門、医風、下関、足三里、外関。


メニエール病、化膿性or非化膿性中耳炎、耳鳴り、鼻炎などで苦しんでいる方には鍼灸治療の併用を勧めたいです、

意外と鍼灸治療が効果が期待できると思います。




このページのトップへ

このページのトップへ