JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

ツボと糖尿病

2011年11月18日

今日のブログは朱が担当します。
鍼灸と按摩の治療の原理は同じく、
ツボに刺激を与えて体に物理的と化学的な変化を引き起こし病気を治します。
鍼灸治療は専門の鍼灸師にしかできませんが、按摩はご自分や家族同士でもできます。
鍼灸治療はもちろんですが、按摩も運動系疾患以外に内臓の病気、小児疾患、婦人病の治療ができます。
例えば按摩で糖尿病を治すこともできます。糖尿病になる原因は膵臓のインシュリンを分泌する細胞が破壊されている場合とその細胞のインシュリン分泌機能が低下している場合です。
前者は一型糖尿病で、後者は二型糖尿病といいます。95%の糖尿病は二型糖尿病です。

鍼灸治療と按摩は二型糖尿病に効きます。鍼と按摩を使い膵臓の血流を改善し、
膵臓の血流を改善し、インシュリンの分泌を増やすのです。また、血中のブドウ糖を筋肉に運ばせ、消費させることができます。こうして暫く治療を続けると血糖値がやがて下がっていきます。
ここで、簡単に家庭でもできる特効性のあるツボをご紹介します。
八椎下(胸椎の八番目のところにあります)
膵腧(八椎下の外2cmのところ)
降糖穴(前腕の真ん中にあります)
その三つのツボが糖尿病に効きます、それぞれのツボを一日三回、20回ずつ押します。
三ヶ月あたりで効果が現れてきます。
家族同士でやればお財布にもやさしいです。ぜひ、お試しください。


このページのトップへ

このページのトップへ