JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

尿意を我慢できない方に...

 尿意の切迫感、

わかりやすく云えば「おしっこが近い」ことに

悩んでいる方は(特に年配の方に)多いのではないでしょうか。

専門的には「過活動膀胱」と呼ばれ、

膀胱の知覚が過敏になり、意に反して収縮することによって、

尿意の切迫感を覚える病気です。

ひどくなると我慢しきれず失禁してしまうこともあります。

日本排尿機能学会が定めた診療ガイドラインでは、

患者に4つの質問をして

過活動膀胱の診断をすることになっています。

screenshot_04.jpg












(クリックして画像が大きくなります)

この質問票を使うと自己診断が簡単にできます。

質問の3番目にある

「急に尿がしたくなり、我慢が難しいことがありましたか?」が

「週に1回以上」(点数にして2点)より多く、

4問合計の点数が3点以上の場合を過活動膀胱としています。

合計スコアが5点以下は軽症、

6〜11点は中等症、12点以上が重症です。

このガイドラインが作られたのは2005年ですが、

その時点で日本では40歳以上の男女の12.4%

およそ810万人が過活動膀胱の患者だと報告されています。

 

過活動膀胱の治療法としては

抗コリン剤による薬物療法が広く行われています。

これは膀胱を収縮させる信号として神経から分泌される

アセチルコリンという物質の働きを弱めて

膀胱の収縮を抑えようとするものです。

しかし、頻尿や尿失禁に対しては効果を発揮しますが、

尿意切迫感の改善については充分とは言えません。

さらに強いのどの渇きや便秘、

心拍数の増加などの副作用も報告されています。

薬物療法以外では、

水分摂取制限などの生活指導や、

骨盤底筋体操などの行動療法が用いられています。

 

こうした西洋医学の療法に

鍼灸を組み合わせると治療効果が上がり、

患者さんの生活の質(QOL)の向上を図ることができます。

1988年のChangさんという方の報告によれば、

頻尿・尿意切迫感を訴える女性52人に鍼灸治療を行なった結果、

三陰交というツボを中心とした治療で

85%の人に症状の改善が確認されたことが報告されています。

また、臨床実験では、

左右の中髎穴に週一回のペースで鍼治療を行なったところ、

82%に切迫性尿失禁・尿意切迫感の改善が見られたといいます。

 

ただし、

同じ調査によれば、

過活動膀胱などの下部尿路症状に対して

鍼灸治療を考慮する人の割合は1%に満たないそうです。

この数字は、

専門医に相談するとした人(20%)のみならず、

市販薬を服用するとした人(1.6%)に比べても少ないのです。

鍼灸が尿意の切迫感や尿失禁に効果を発揮することが

一般の方々にはあまり知られていないという結果で、

鍼灸師の一人として大変残念に思っています。

鍼灸の効果は肩こりや腰痛にとどまるものではありません。

これからもっともっとPRしていかないといけませんね。


姚より

 

このページのトップへ

このページのトップへ