JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

シマフクロウに会いました


IMG_0422.JPG











ゴールデンウィークはお休みをいただいて

北海道に来ています。

東北海道の釧路地方は

春というにはまだ肌寒いのですが、

木々の新芽が膨らみ、

庭にはタンポポも咲き始めています。

 

30日には中標津町の養老牛温泉に行ってきました。

ちょうど摩周湖の裏側に位置する山あいの温泉で、

昔は数軒の旅館があったらしいのですが、

いま営業しているのは二軒だけです。

このうち「湯宿だいいち」という旅館が大好きで、

夫婦で毎年のようにきています。

もう十回近くは来ているかもしれませんね。

中国からきた親戚を案内したこともあります。

同じ北海道の川湯温泉ほど強烈な泉質ではありませんが、

湯量の豊かな源泉かけ流しの温泉です。

(ナトリウム・カルシウム-塩化物硫酸塩泉)

とても体が温まる湯で、

渓流沿いの露天風呂にゆっくりつかっていると

深い安らぎを感じます。

 

そして、食事が美味しいのもこの旅館の魅力です。

私の大好きな毛ガニ、ボタンエビの刺身、

蒸したツブ貝などの海の幸、

さらにはヤマベの塩焼き、

山菜のギョウジャニンニクなど山の幸も揃い、

〆にいただく釜めし(具は鶏と茸など)も美味。

バイキングの朝食では、

地元中標津の美味しい牛乳が飲め、

ロビーでついたばかりのお餅もいただけます。

 

そして、この宿に毎晩現れるのがシマフクロウです。

羽根を広げると180cmにもなる世界最大級のフクロウで、

国の天然記念物に指定されています。

アイヌの人たちには

コタンコロカムイ(村の守り神)と呼ばれ、

位の高い神様として扱われていたそうです。

ところが、

秋になると川を上ってくる鮭を

人間が河口近くで採ってしまうために餌を失い、

森の伐採が進んで

巣になる太い木がなくなってしまっために、

北海道全体で100羽近くまで数が減り、

いまは絶滅危惧種に指定されているそうです。

「湯宿だいいち」では生け簀を作って給餌しているので、

この珍しいシマフクロウを間近に見ることができるのです。

顔馴染になった宿の女将さんのお話では、

もともと池の鯉がシマフクロウに食べられて全滅したため、

生け簀を作ってそちらに誘導するようにしたのが始まり。

最初は環境省に怒られたそうですが、

そのフクロウがやがてつがいを組んだので、

環境省と協力しながら繁殖を手伝っているそうです。

夜になると、

ボッボッ・ウーという野太い鳴き声が聞こえます。

この日、生け簀に現れたのは一羽だけでしたが、

カップルとなった雄と雌が愛を語らっている声だそうです。

無事に雛が孵るといいですね。


姚より

このページのトップへ

このページのトップへ