JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

年の瀬に思う ー鍼灸医療の可能性と現状の問題点ー

早いもので今年もすっかり押し詰まりました。

健身院はきょう28日までの診療です。

この一年、多くの患者さんにおいでいただきました。

皆様方の苦痛を和らげ、

より快適に毎日を過ごしていただけるための

お手伝いができましたことを嬉しく思っております。


これから超高齢化社会に突入していく日本においては、

鍼灸など東洋医学と西洋医学との連携が重要になります。

しかし、最近、この業界で少し嫌な話を耳にすることもあります。

他の鍼灸院を批判するようなことは言いたくないのですが、

当院の基本姿勢にも関わることであり、

少しだけ書かせていただくことにします。

ひとつは、治療に着手した後に、

症状によって別料金を請求する鍼灸院があるとの噂です。

こうした営利主義的な経営方法が

鍼灸医療全体に対する不信感を招かないかと心配しています。


いまひとつは...主人がお友だちから聞いたという話です。

そのお友だちは五十肩に悩み、

病院に行ってもなかなか症状がよくならないため、

鍼灸医療を頼ることにしたといいます。

ネットで調べた結果、

スポーツ選手など有名人を患者に持つことで知られる

ある鍼灸院を訪ねたそうです。

ところが、そこでは、

ネットに出ていた先生が実際に治療に当たることはなく、

毎回、鍼を打つのはお弟子さんらしい若い人だったといいます。

何度治療を受けてもさほどの効果を感じられず、

結局行くのをやめてしまい、

「鍼灸は効かない」という思いだけが残ったという話でした。


実際、鍼灸の治療が充分な効果を上げるためには、

ある程度の回数を通っていただかなければならないことがあります。

多くの場合、一度の治療でも症状は軽快しますが、

数日後にはまた元に戻ってしまうケースが少なくありません。

まず当面の苦痛を和らげながら、

さらに根本的な苦痛の原因を取り除くためには、

やはり治療の回数を積み重ねていくしかないことが多いのです。

また、人間の体は機械ではないので、

あるツボに鍼を打てば、

誰にでも同じ効果が現れるわけではありません。

一人一人の症状や体質に沿った治療が必要な理由です。

ですから、当院では、可能な限りていねいにご説明して、

患者さんにご自身の症状について理解していただくとともに、

朱院長と副院長の私のどちらかが治療にあたっています。

当院でも若い鍼灸師を雇用していた時期がありますが、

有資格者とはいえ経験の少ない人に

実際に患者さんの治療を任せることはできませんでした。


これから病院での(西洋医学の)治療を補完するものとして、

鍼灸の重要性がますます高まっていきます。

この一年大変お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

健身院は1月5日(金)からの診療となります。



姚より



このページのトップへ

このページのトップへ