JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

がんの患者さんに対して鍼灸師ができること

 日本はいまや世界有数の「がん大国」だと言われています。

国民の二人に一人が癌になり、三人に一人が癌で亡くなっているそうです。

その一方で、次々に新薬が開発されるなどして、

がんは、昔のように「死」と直結する病気ではなくなりました。

がんを抱えながらも、

それなりに「健やか」に生活していくことが可能になってきています。

みなさんのご家族やお友だちのなかにも、

がんと闘いながらお過ごしの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

こうした「がんとともに生きていく」時代に、

私たち鍼灸師はどんなお手伝いができるだろうかと考えます。

あらかじめ申し上げておきますが、

残念ながら鍼治療で「がんを治す」ことはできません。

しかし、抗がん治療のつらい副作用を緩和してさしあげることはできます。

 

化学療法による吐き気や食欲不振、造血細胞の減少などに対して、

東洋医学による治療が功を奏することは知られています。

漢方薬や様々な健康食品、免疫療法などは有名ですね。

最も広く用いられているのは霊芝、舞茸、アガリクスなどのキノコ類です。

一方で、

化学療法や放射線療法に伴う吐き気、疼痛の軽減には鍼灸が有効で、

結果的に患者の余命の長期化に役立つことも稀ではありません。

実は、WHO(世界保健機関)の報告でも、

「治験を通して鍼が効果的な治療だと証明されてきた症状」の筆頭に、

「放射線療法、または化学療法による副作用」が挙げられています。

西洋医学の研究論文を読むと、

鍼治療の効果に懐疑的な研究者でも

「抗がん治療による副作用の軽減」は認めていたりして驚かされます。

私も実際に、

抗がん剤点滴後の胃のもたれ、むかつきに苦しむ患者さんに鍼治療を施し、

症状が楽になって食欲が出てきたと感謝されたことがあります。

 

がんに限ったことではありませんが、

西洋医学による治療を中心に据えながらも、

個々の患者の状態に応じて鍼治療などを効果的に組み合わせる、

言わば「オーダーメイドの医療」がいま注目を集めています。

日本が超高齢化社会に変わっていくなか、

西洋医学と鍼などの補完・代替医療を統合することによって

両者の特性を最大限に活かし、

一人一人の患者に最も適切な医療を提供することが求められています。

このページのトップへ

このページのトップへ