JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

超高齢化社会に役立つ鍼灸


 日本の人口は2008年の12808万人をピークに減少し始めました。

2014年のデータで12708万人ですから、

6年間でちょうど100万人減ったことになります。

人口が減っていく一方で、増えているのが高齢者です。

内閣府の高齢社会白書によると、

この年、65歳以上の高齢者の人口は過去最高の3300万人。

それが翌年には3392万人ですから、

1年で100万人近くお年寄りが増えた計算になります。

全人口に占める割合(高齢化率)は26.7%で、

既に4人に1人以上がお年寄りになっているんですね。

高齢化率は2060年には40%近くなると予想されていますから、

日本社会の高齢化はもう後戻りできないところまで来ています。

 

さて、高齢化社会では、

いくつもの慢性疾患を抱えながら、

それなりに元気に暮らしているお年寄りが増えます。

先ごろ亡くなられた日野原重明先生が名付け親だという、

いわゆる「生活習慣病」を抱えた患者さんが多くなります。

日本には昔から「一病息災」という言葉がありますが、

(最近は「多病息災」ともいうそうです)

老化に伴う様々な衰え、病気や障害があるからといって、

一概に「病人」と決めつけてしまうのでは実態に合いません。

 

実は私も最近知ったのですが、

「健康」という言葉は江戸時代末の造語らしいですね。

一般に広めたのは一万円札の福沢諭吉だそうです。

その当時からごく最近まで

「健康」とは「病気でないこと」だと考えられがちでした。

しかし、

これから長生きするのが当たり前になる時代には

病気と共存しながら元気で暮らすことが重要になります。

超高齢化社会にふさわしい

新しい「健康」の姿が求められているのだと思います。

 

そこで見直されているのが、

気血の円滑な流れや

心身のバランスを重視する東洋医学の健康観です。

なかでも人体に備わった自然治癒力を手助けする鍼灸は、

薬物療法などと比べて副作用が小さく、

病気や障害を抱えながらも

まだまだ先の長い人生を「健康」に暮らしたいという

現代の高齢者の生活の質の向上にお役に立てると思います。

こういったからといって私たち鍼灸師は

西洋医学を否定したり、対抗したりしているわけではありません。

お互いに協力して、足らない部分を補いあいながら、

これからの超高齢化社会に貢献できればと考えています。

 

きょうは柄にもなく、ちょっと理屈っぽいことを書いてみました。


姚より

このページのトップへ

このページのトップへ