JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

釧路で花咲カニを食べました


IMG_09-07.jpg











「ハナサキガニ」ってご存知ですか?

根室の花咲港あたりでよく採れたことから「花咲蟹」。

東北海道では根強い人気があるカニですが、

全国的な知名度はタラバガニや毛ガニ、

「越前ガニ」「松葉ガニ」とも呼ばれるズワイガニに劣ります。

冷凍してしまうと甚だしく風味が落ちてしまうので、

産地の東北海道以外では、なかなかおいしく食べられません。

そんなこともあってあまり知られていないと思うのですが、

タラバガニの仲間(クモ科)で

ジューシーなうえにミルキーな感じもあって私は大好きです。

いまはロシア産のものが出回っており、

釧路の和商市場などでは一年中姿が見られますが、

本来は8月下旬から9月にかけてのこの季節が旬です。


私は年に何度か釧路を訪れます。

釧路は、主人が若い頃に仕事の関係で暮らしていた街で、

主人に連れられて何度か来るうちに

食べ物がおいしいこの街がだんだん好きになりました。

私たち夫婦はお墓を持っていないので、

将来、大好きな釧路にお墓を建てようと思い、

(東京のお墓は高くて買えないということもあります...)

今回はお墓の見学に行き、

そのついでに、いまが旬の花咲ガニを食べることにしました。


釧路の水産市場としては和商市場が全国的に有名です。

好きな刺身を買ってご飯に乗せて食べる「勝手丼」が名物で、

勝手丼を目当てにやって来る中国人観光客も少なくありません。

そういう意味では知名度はいまや「世界的」かもしれませんね。

店先には、ハナサキのみならず、タラバや毛ガニが並んでいます。

でも、私たちは、

カニは隣にある「たんちょう市場」で買うことにしています。

「たんちょう市場」は主に地元の人向けの市場ですが、

そこに「カニ吉」というカニの専門店があって、

いけすのなかに生きたカニを置いています。

大きさや値段が適当なカニを選んで

30分ほど待っているとその場で茹でてくれます。

茹で立てだから味もよく、

値段も(味や大きさを考えれば)和商で買うより安いようです。

今回は4千円ほどの花咲ガニを一杯買い、

主人と二人で分けあって食べました。

身が詰っていて、

このカニの身上である水気もたっぷりあって味は濃厚、

とても美味しくいただきました。

カニのお腹には通称「ふんどし」といわれる部分があって、

その中の肉がぷりぷりしていてまたおいしいのです。

茹で上がるのを待つあいだに和商市場をまわって、

いろいろの魚を物色するのも楽しみの一つです。

私は釧路で

タコの頭の刺身やカスベ(エイの仲間)の味を知りましたよ!


主人によれば、

以前は花咲ガニはとても安く手に入り、

一杯1000円くらいでたっぷり食べられたのが、

獲り過ぎて資源が減少し、高くなってしまったそうです。

主人のいうのは30年以上昔の話ですが(笑)、

そういえば私の知る範囲でも魚の値段は高くなっています。

数年前まで一枚500?600円で買えた羅臼産のホッケが、

(ホッケは知床半島の羅臼で獲れたものが一番とされています)

最近は2000円もするのでとても手が出ません。

サンマも脂が乗った大きなものが1本100円以下で買えたのが、

今年は少しスリムなもので200円しました。

脂の乗りはいまいちでもさすがに新鮮なので、

これも美味しくいただきましたが...。

おいしい魚をお腹いっぱい食べられるのは幸せですが、

獲り過ぎれば当然減ってしまい、値段も高くなってしまいます。

いままで海の魚をほとんど食べなかった中国人が

豊かになると同時に海産物の味を覚えたこともあって、

北海道近海はいまや国際的な魚の争奪戦になっているようです。

おいしい魚をいつまでも食べるためには、

それぞれの国民が「足るを知る」バランスが必要。

今回は資源問題が少し気がかりになった旅でもありました。


姚より


このページのトップへ

このページのトップへ