JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

再び田老へ

ISO-2022-JP%1B%24%42%45%44%4F%37%24%4B%24%46%1B%28%42%2E%6A%70%67.jpeg

2011年10月07日


きょうはボランティアで宮古市田老を訪れました。
田老は3月11日の大津波で壊滅的な被害をこうむったところで、
町の中心部ではほとんどすべての家が流されてしまいました。
半年以上たって、ようやくプレハブの店舗や倉庫が出来始めましたが、
いまも多くの方が仮設住宅で不自由な生活をしています。
8月にも一度、鍼治療のボランティアで来ているのですが、
評判がよかったようで、
「お金を払ってもいいから、また来て欲しい」と言われていました。
おじいちゃんやおばあちゃんたちの気持ちを裏切ることができず、
新幹線からバス(盛岡から宮古まで2時間以上かかります)を乗り継いで、
二度目のボランティアにやってきました。

田老の患者さんは症状が重いお年寄りが多く、
最初に来たときには凝りの酷さにビックリしたのですが、
今回は二回目なので、私も少し慣れてきて、治療もスムーズにできました。
一方で、集中的に何度か治療をすることができれば、
かなりよくなる方が多いだろうということも感じました。
鍼は予防医学でもあるので、こういうお年寄りにこそ必要だと思います。
でも、田老には鍼灸の治療院はなく、
仮設住宅から出歩くことも難しいお年寄りが、
バスで30分以上離れた宮古の中心街まで通うのは難しいのが現実です。
日ごろ治療を受けられない方々なので、
鍼の効果はてきめんで大変に喜んでいただきましたが、
私としてはたった二回だけの治療で、やりきれない気持ちもあります。
できることなら定期的にうかがいたいのですが、
やはり、行くにも時間がかかるところで、
交通費や宿泊費などの問題もありますのでそうもいきません。
自分の力の小ささを感じて、少し寂しい気持ちで田老を後にしました。


このページのトップへ

このページのトップへ