JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

秋はぶどうの神秘的効果を


image.jpeg

ぶどうの美味しい季節になりました。

今週はぶどう特集です、三回に分けてご紹介したいと思います。


漢方では、ぶどうを食べることは健康増進に役立つと考えていますので、

今日はそのお話を書いてみます。

ぶどうには独特の甘酸っぱさがあります。

この甘酸っぱさには、胃を丈夫にして食欲を旺盛にする働きがあるんですよ。

暑い夏に食欲不良に陥った方はぶどうを食べることで体力の回復を図ることができます。


その他にも、次のような薬効があります。


1、疲れをとる

ぶどうの中にはカリウム、リン、鉄などのミネラル、ビタミン(B1.B2.B6.C)、

それに必須アミノ酸がふんだんに含まれています。

日常的に食べることで疲れの回復を図ることができます。


2、血を補う作用

特に干しぶどうには糖分と鉄分の含有量が豊富なので、

女性や子ども、貧血の方にはとてもいい食品です。

東洋医学の観点からいえば、気血の流れをよくして食欲増進を図り、

消化を助ける役割を果たします。

  

3、がんの予防

最近の研究で、ふどうにはがんを予防する力、

抗がん作用があることが明らかになっています。


4、ワインの効用

世界で採れるぶどうの80%がワインなどの醸造酒の原料になっているそうです。

20ccのぶどう酒を日に2?3回飲むと、目眩、動悸、脳貧血に効き目があります。

最近では、ぶどうの薬効に注目が集まって、ジュースもたくさん作られるようになりました。

ぶどうジュースにも免疫力を高める作用があります。



姚より


このページのトップへ

このページのトップへ