JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

蕃茄炒蛋(トマトと卵の炒めもの)

2013年04月30日

写真 のコピー.JPG

今日はお料理の話を書いてみることにします。

私はときどき家庭で中華料理を作ります。

もちろん、本格的なものではなく、ごくありふれた中国の家庭料理ですが。...

なかでも簡単にできて、家族の評判もいい「蕃茄炒蛋」、

つまりトマトと卵の炒めものの作り方をご紹介しましょう。


材料は2から3人前で、卵5個、完熟したトマトが2個、長ネギ半分。

それに塩、砂糖、蕃茄炒蛋(トマトと卵の炒めもの)コショウ、オイスターソースに料理酒です。


まず、卵5個に塩とお酒を少々入れて箸で溶いてください。

トマトは一口大に切って置いておきます。

長ネギは斜めにスライスしてください。

(緑の部分も使った方が色めがよくなります。)


1.食用油大さじ2杯を鍋に入れて十分に熱した後、

溶いた卵を入れて炒め、半生状態でお皿にあげます。

ここで肝心なのは熱し過ぎないことで、ふんわりしたくらいのところで鍋から出してください。


2.次に大さじ1杯の油を鍋に入れて熱し、トマトと長ネギを炒めます。

このとき、トマトの酸味を引き立てるために砂糖を少々入れるのがこつです。


3.トマトがしんなりとしてきたら、先に半生に炒めておいた卵を鍋に戻し、

オイスターソース小さじ1杯と塩少々を加えて軽くかき混ぜながら炒めます。

それほど長時間炒める必要はなく、

トマトと卵が馴染んできたら仕上げにコショウを少々入れて完成です。


いかがでしょうか?

栄養が豊かなうえにトマトの酸味が食欲をそそるので、

これから暑くなって少し夏バテ気味かなぁという時にもオススメの一品です。

是非試してみてください。



姚より



このページのトップへ

このページのトップへ